東京都中野区の「しらさぎ動物病院」。犬、猫の病気やトリミングも行っております。

当院は予約制です。ご予約は、お電話かご予約フォームにて受付しております。

tel:03-3330-5411

※おかけ間違いないようお願いいたします。

ご予約フォームはこちら

診療案内

健康診断

ペットの健康を維持するために、当院では年2回以上の健康診断をおすすめしています。基本となる身体検査は12カ所の部分を詳しく診察し、詳細な報告書をお作りします。また必要に応じて血液検査・レントゲン検査・超音波検査・眼科健診などの検査を実施いたします。
生活環境や動物の年齢に応じて各種検査に対応いたしますので、当院までご相談ください。

診察料金

カルテ登録料(初回のみ)
1頭目2,000円、2頭目1,500円、3頭目1,000円
健康診断の身体検査
(12項目を詳しく診ます)
2,000円(詳細な報告書が付きます)

※表示料金は全て税抜価格になります。

病気の診察

病気で来院された場合、病気の部分だけでなく身体全体を12項目にわたって診察し、病気の診断をします。その結果、検査や治療が必要な場合は、飼い主様におすすめしてご希望されたものを実施していきます。診断や検査、治療の内容は、詳細な報告書を作成してお渡ししています。

料金

診察料
病気で来院された場合(詳細な報告書が付きます)
初回診察時2,000円 再診料1,000円
処方料
500円
血液検査
(採決料別途1,000円)
血球計算検査2,000円
生科学検査500円(1項目につき)
フィラリア抗原検査2,000円
ミクロフィラリア検査500円
尿検査1,000円~
糞便検査1,000円

※料金表は一つの目安です。診療内容等により料金が変わることがございますのでご了承ください。
また料金が予告なく変更される場合がございますのでその都度ご確認ください。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
※表示料金は全て税抜価格になります。

健康診断事例のご紹介

脾臓の腫瘍の発見

当院では春の健康診断をお勧めしていますが、実際に健康診断で病気が見つかって治った子を紹介したいと思います。

HちゃんはMIXの小型犬で、春の健康診断キャンペーンで血液検査とドッグドック(レントゲン検査と腹部超音波検査)を行いました。血液検査とレントゲン検査では特に異常は見つかりませんでしたが、腹部超音波検査で脾臓に3㎝くらいのしこりが見つかりました。

脾臓とは胃の下に位置する血管の塊のような臓器で、薄切りにする前の牛タンのような細長い形をしています。主に血液中の赤血球の備蓄、破壊、産生と、免疫にかかわるリンパ球の産生や備蓄という働きがあります。この機能は他の臓器でも補えるため、脾臓を摘出しても命には直接関わりません(免疫の機能は落ちる可能性があります)。脾臓の腫瘍は良性のものと悪性のものがあり、良性のものはゆっくりと大きくなっていきます。悪性のものは血管肉腫という血管の癌であることが多く、これは短期間に大きくなり、出血を起こしたり転移を起こすので非常に厄介です。良性でも大きくなって破裂すると大出血を起こすので、基本的にある程度大きなしこりが見つかったら手術で脾臓を摘出することが勧められます。

脾臓の腫瘍は良性だと出血を起こさずに巨大になることがあります。過去に行ったゴールデンレトリバーの脾臓腫瘍摘出では脾臓が子供の頭ほどの大きさになっており、手術は非常に困難を極めました。逆に悪性だとそこまで大きくなることはなく、ある程度の大きさで出血を起こします。血管肉腫だった場合は手術で摘出した後抗がん剤治療を行いますが、予後は悪いことが多いです。飼い主様が抗がん剤を希望されない場合は鍼灸や漢方で治療することもあります。 Hちゃんは脾臓以外に問題がなかったため、手術を行い脾臓を摘出しました。脾臓を病理検査で調べたところ、良性のものであったため、完治となりました。健康診断で病気を見つけて治せた良いケースと感じました。

住所
東京都中野区白鷺2-33-8
診療時間
月・火・木・金・土曜日 9:00~19:00
日・祝日 9:00~15:00
定休日
水曜定休日

当院は予約制です。ご予約は、お電話かご予約フォームにて受付しております。

TEL:03-3330-5411

※おかけ間違いないようお願いいたします。

ご予約フォーム